PMS薬

医師や専門家が深く詳しく解説します

PMS薬

医師や専門家が深く詳しく解説します

PMSの治療で使われる薬 には何があるの?その特徴や注意点とは?

公開日
更新日

 
執筆者:座波朝香(助産師、看護師)
 
医療監修:株式会社 とらうべ
 
 
PMS(月経前症候群)の治療で使われる薬 には、病院で処方されるもの、薬局で購入できる市販薬、漢方薬などがあります。症状が多様で、どの治療が適切かは人によって様々です。自分に合う治療方法を選ぶため、治療薬の種類や特徴、注意点を知っておく事が重要です。この記事では、PMS(月経前症候群)の治療で使われる薬について詳しく説明します。
 
 

PMS(月経前症候群)の治療で使われる薬:そもそもどんな症状が現れる?

まずはPMS(月経前症候群)の症状からご説明します。人によって感じる症状は多様で、程度にも個人差があります。以下は、月経前症候群で自覚されることが多い症状です。あてはまるものはないかチェックしてみましょう。
 
イライラ 
 
□のぼせ 
 
□下腹部膨満感 
 
□下腹部痛 
 
□頭重感
 
□怒りっぽくなる
 
頭痛
 
□乳房痛
 
□落ち着きがない
 
□憂うつ
 
これらの症状は、月経の3~10日くらい前から出始め、月経がはじまると改善するのが特徴です。また、とくに精神的な症状が強いものを「PMDD(月経前不快気分障害)」といいます。
PMS(月経前症候群)の治療に取り組みたいと考えるとき、症状だけでPMS(月経前症候群)と自己判断をせず、医師の診断の下で治療に取り組むことが必要です。
 
 

スポンサーリンク



PMS(月経前症候群)の治療で使われる薬 :病院で処方される薬の効き方と注意点

 
 

(1)鎮痛薬

生理痛や、頭痛、歯痛などのときに使う鎮痛薬と変わりありません。
 
○ 効き方:
痛みの伝達物質であるプロスタグランジンの合成を阻害することで、痛みを軽減します。
 
○ 注意点:
痛み止めは身近な薬でもあり、副作用もないと思われがちです。そのため、治療としてはじめに取り入れやすい薬かもしれません。しかし、胃腸を痛めたりするような副作用もあります。連日飲んでも、痛みのコントロールがうまくいかないような場合には、鎮痛剤だけではなく、ほかの治療薬と組み合わせる必要があるでしょう。
 
 

(2)ホルモン剤

PMS(月経前症候群)治療では、一般的に「ピル」と呼んでいる薬を使います。避妊目的での薬としては有名ですが、月経困難症のための治療薬(保険適応)として使える薬剤はPMS(月経前症候群)やPMDDにも効果があることが分かってきました。
おもな女性ホルモンである「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」からなる薬で、「EP配合剤」と呼ぶこともあります。副作用の可能性のあるエストロゲンの量がより低量に抑えられたものを使います。
 
○ 効き方:
排卵を抑制し、子宮の内側(内膜)が厚くなるのを抑えます。そうすることで、月経血の量が減り、子宮内膜での痛みが発生するのを抑えます。
通常は、排卵の前に脳から「LH」」というホルモンが一気に出ることで、排卵をします。PMS(月経前症候群)の場合、ホルモン剤で少量の女性ホルモンを取ることで、すでに排卵後であるかのようなホルモンバランスになります。
そのため、治療中は再度排卵することはなく、卵巣が休んでいる状態になるのです。使用する薬剤の種類によっては、身体の不調だけではなく、精神的な症状も抑えられるといわれていますので、医師に確認をしましょう。
 
○ 注意点:
血栓症という命に関わるような副作用が心配されます。命に関わるような重大なものでありますが、その発症はごくまれで、交通事故で死亡するよりも少ない頻度といわれています。
たばこを吸う人は、その副作用が出やすくなり危険なので、禁煙が必要です。血栓症には重症になる前に前兆となる症状があります。頭痛、腹痛、めまい、息切れ、手足の痛みなどがあれば内服を中止して受診をします。
 
 

(3)利尿剤

むくみが強いときに使います。月経前に体重が増えてしまうほど全身がむくむ人もいます。
 
○ 効き方:
尿が良く出るようにする薬です。そうすることで、身体に滞っている余計な水分を尿として排泄し、むくみを改善します。
 
○ 注意点:
尿の量が増えるため、夜に飲んでしまうと夜間トイレに通うことになり、よく眠れなくなってしまいます。そのため、日中に飲むようにします。むくみは、月経前症候群に特有の症状ではなく、この利尿剤も、高血圧の治療などに使われることがあります。
月経前症候群に使われる利尿剤は、作用がマイルドなものではありますが、副作用として血圧が下がるという作用もあるので注意が必要です。もちろん、持病がありほかの薬と飲み合わせるときには注意が必要です。必ず医師と相談して安全に使用するようにしましょう。
 
 

(4)抗うつ薬・精神安定剤

精神的な症状に使う薬というと、あまりなじみがなく敬遠する人もいるでしょうか。依存性が怖いと思っている方もいるかもしれません。しかし最近では、PMDDのように落ち込みなど、精神的な症状が強い場合の治療として普及してきています。
とくに、抗うつ薬の「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」は第一選択薬(最初に使われる薬)として認識されてきています。副作用が少なく、効果もあるということからです。
 
○ 効き方:
PMS(月経前症候群)は、脳内の伝達物質である「セロトニン」と関係があることがわかってきています。いきいきと前向きに活動するために必要な物質で、うつ病の症状にも関わる物質として知られてきました。SSRIでは、セロトニンを活性化することで、落ち込みなどの精神的な症状を和らげます。基本的には月経前の症状が出る時期だけ内服します。
 
○ 注意点:
精神的な症状は、放っておくと月経前だけでなく慢性化してしまう傾向にあるとも言われています。そのため、きちんと治療をする必要があります。数回の月経周期だけ、治療するよりも、症状が治まってからでも、ある程度継続した方が再発は少ないと考えられています。「もう大丈夫」と思っても、自己判断で中断せずに、きちんと医師と相談しましょう。

PMS(月経前症候群)の治療で使われる薬 :市販薬の効能と注意点

 
 

■チェストベリー(商品名:プレミフェン)

チェストツリーという木の実であるチェストベリーを製剤化したものです。日本では、医療機関で処方される医薬品としては使われた経験がなく、チェストベリーという有効成分を使った市販薬です。
日本で聞きなれないのですが、海外では生理痛や月経前の不調に対して何千年も昔から伝統療法として使われているものです。とくに月経前の乳房痛、頭痛、イライラなどに効果があるとされています。
 
○ 効き方:
チェストベリーは、脳の「ドーパミンD2受容体」を刺激することで、プロラクチンというホルモンを抑えることがわかっています。プロラクチンは通常、母乳の分泌を促すために授乳期に活躍するホルモンです。月経前にはプロラクチンの分泌を抑えることで、ホルモンバランスの乱れを改善し、さまざまな症状を軽減すると考えられています。
 
○ 注意点:
胸のしこりが気になる場合には、きちんと乳がん検診を受けてから飲むようにしましょう。また、医療としての実績はまだ確立していません。そのため、症状が改善しない場合には医療機関を受診し、処方薬での治療を検討すると良いでしょう。
 
 

個人輸入は市販薬の違いやリスク

処方箋がなくても手に入る薬をすべて「市販薬」と勘違いしている人もいるようです。日本で販売が認められている市販薬は、成分はもちろん製造方法や販売方法の安全性が確認されているものです。
 
一方で、いわゆる「ピル」など一部の薬では、輸入品を販売していることがあります。日本で手に入るものと同じ成分だとしても、安全性には懸念があります。
基本的に医療用医薬品は、医師の診察を受けて自分の身体に適切なものを処方されます。とくにPMS(月経前症候群)は、症状も治療の内容も個別差があります。そのため、治療をして効果はどうなのか、副作用はないのかなど、医療機関で相談をしながら、治療行うべきでしょう。
 
 

スポンサーリンク



PMS(月経前症候群)の治療で使われる薬:漢方薬の効能と注意点

頭痛だけ、むくみだけ、というように、特定の症状だけであれば対症療法でも良いですが、PMS(月経前症候群)は、複数の症状が現れやすいものです。そういった意味では、漢方薬が有効と考えられる場合があります。病院で処方してもらう場合や、漢方専門薬局、薬局などで手に入れることが可能です。
漢方は、「気・血・水」という特徴的な性質で全身の状態を把握し、これらがバランスをくずすと、さまざまな症状として身体に現れると考えられています。
 
○ 効き方:
加味逍遥散(かみしょうようさん)、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、五苓散(ごれいさん)などがよく使われます。気、血、水で足りない物を補ったり、滞っているものを巡らせたりなど、生薬(しょうやく)の作用により、効果を発揮します。
 
○ 注意点:
日本の医療機関で、漢方を処方することもありますが、必ずしも、漢方に特化した診断をしているわけではありません。症状に合わせて、効果的とされている漢方が処方されるのが一般的です。一方、漢方専門の診察をしてオーダーメードの処方ができる医療機関もあります。いずれにしても、症状の改善がみられない場合には、きちんと医療機関と相談しながら治療をすすめていく必要があるでしょう。
 
 

PMS(月経前症候群)の治療で使われる薬:まとめ

 
・頭痛やイライラ、下腹部痛、さまざまな症状が、月経前の3~10日から現れ、月経が始まると軽減していくのがPMS(月経前症候群)の症状。精神的な症状が強いものはPMDDという。
 
・病院では、鎮痛剤(痛み)、利尿剤(むくみ)、ホルモン剤(心身の症状)、抗うつ薬(精神的な症状)、漢方薬(多彩な症状)などが処方される。
 
・市販薬には、チェストベリーという成分を使った薬がある。乳房の痛みの緩和などに効果的とされている。
 
・PMS(月経前症候群)の症状は人それぞれ、治療に取り組むときには、自分の症状としっかりと向き合い、医師とも状況を共有しながら自分に合った治療を見つけていく必要がある。
 
 
<執筆者プロフィール>
座波 朝香(ざは・あさか)
助産師・保健師・看護師。大手病院産婦人科勤務を経て、株式会社とらうべ社員。育児相談や妊婦・産婦指導に精通
 
 
<監修者プロフィール>
株式会社とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供
 
 

オススメリンク

 
関連した情報として以下のようなものがありますので、ご参考にしてください。
 
PMS(月経前症候群)の治療 方法にはどんなものがあるの?PMS(月経前症候群)の症状を軽減するには?
 
生理前のイライラに効く薬 って?そもそも、生理前にイライラするのはなぜ?
 
妊娠初期に生理痛 に似た症状が現れるのはなぜ?対処法は?
 
生理前に起こる頭痛 !その原因と対処法について解説!
 
無排卵月経の特徴 とは?原因や症状、治療法について
 
更年期における生理不順 の症状、原因、対応策とは?
 
更年期障害の治療に用いられる薬 には何があるの?
 
更年期障害を発症する年齢 とは?更年期障害にどう対処する?
 
更年期障害の検査 : 検査の種類と検査を受ける前の注意点とは
 
生理が早い ! 予定日より早い理由は?
 

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。